スポーツ・運動と食を結ぶウェブマガジン
お問い合わせ
2022.07.13
ヘルスケア
Twitter Facebook
【集中連載:爪と健康④】スポーツや運動時に生じやすい爪トラブルの原因と対処方法 ~手指の爪編~
木村春香(ネイルトレーナー)

スポーツや運動をする時、爪は非常に良く‟使われます”。使用頻度が高いということは、それだけ負担がかかり、爪が弱くなりやすい状態ともいえます。

これまで施術してきたさまざまな競技の選手の声から、爪のコンディショニングと競技パフォーマンスは直結することがわかっています。競技によって手・足の爪に負担のかかる部分は異なってくるので、それを知っておくだけでも爪のコンディショニングへの意識は高まってくるはずです。

今回は、スポーツや運動時に生じやすい手指の爪トラブルの原因と対処法について解説したいと思います。

「投げる」「つかむ」動作に多い手指の爪トラブル

手指の爪トラブルを起こしやすいのは、野球など「投げる」動作の多い競技です。これはみなさんも想像しやすく、経験された人もいるのではないでしょうか。

野球でいえば、投手は指に力を入れたり、指先にボールをひっかけたりして、速球や変化球を投じます。この動作が日ごろの練習や試合で何度も繰り返されるわけですから、爪にかかる負担は相当なものになります。

野球など投げる動作が多い競技は、主に指先、指の横側に圧力がかり続けることで爪が弱くなり、爪トラブルに発展します。私が施術した野球選手たちは、「血マメ」「爪を横断する亀裂」「爪が割れる・欠ける」などの症状に悩まされていました。

「つかむ」動作の多い競技も爪トラブルに見舞われるケースが比較的多いといえます。ボルダリングなどスポーツクライミング、柔道やレスリングなど格闘系に多いでしょうか。野球とも重なる部分がありますが、指全体にかかる圧力に耐えられず、「爪の反り返り」が生じることもあります。前回もお話ししましたが、鉄欠乏性貧血や指に力を入れる作業が多い人に見られる症状として共通しています。柔道やレスリングでは組手争いの中で、爪がはがれたり割れたりする外傷による爪へのダメージもよくみらます。

これら症状を改善させるために必要なことは、「一刻も早く健康な爪の状態に戻す」です。これは足趾の爪とも共通しています。

血マメなど爪と皮膚の間に異物があったり、爪のつけ根にある「甘皮」が硬くなったりしていると、爪は正常のスピードで伸びることができなくなったり、爪の変形が起きたりします。こうした爪トラブルの元になる部分を取り除き、爪や爪まわりを含めたメンテナンスをして、爪が早く健康に伸びるための環境を整えることが肝心です。

ただ、爪のメンテナンスは一朝一夕にはいかず、専用器具の使用、トラブルに適した施術、長期的な観察(正常な爪に生え変わるには手の場合で5~6カ月かかるといわれている)と正しい知識を要します。爪への意識が高くても自身で処置をおこなおうとすると、かえって悪化する可能性がありますので、ネイルトレーナーに適切な処置やアドバイスをしてもらうのも一考です。

健康な爪に戻すことと同時に、もし競技上、必要ならば「爪の補強」も頭に入れておきましょう。物理的に爪の強度を上げることを意味しますが、具体的には補強専用ジェルや専用のコート剤や専用テープなどを使用して爪にカバーをするイメージ。爪トラブル予防・競技パフォーマンスの維持・向上が目的です。

昔、爪に負担のかかるプロ野球の投手が「マニキュアを塗って爪トラブルに対処していた」と話していましたが、これは半分正解で、半分間違いです。みなさんがよく目にする市販のマニキュアやジェルは基本、おしゃれのための物であって爪を補強する目的のために作られていません。スポーツ選手や運動への意識が高い人が使用したとして、多少の負担軽減はあっても問題解決には至らない可能性があります。ご自身の目的に合わせたものを選び使う必要があると考えます。

私の所属している「アスリートネイル協会」では、運動による爪の負担軽減、トラブル防止の観点からスポーツ選手や運動をする人に向けた専用の補強ジェルやコーティング剤、専用テープを開発しています。ネイルトレーナーも施術に活用している物なので、選手の状況に合わせて上手に使っていくことが大事です。

そして、ジェルを使用した爪の補強については注意点があります。ジェルを使うと他の補強具より長持ちするイメージがあるかと思いますが、塗りっぱなしだと負荷がかかり強度が落ちていきます。放置して爪の長さが適正を超えてしまうと、爪先にストレスがかかり爪に大きな負担がかかってきます。そのため、何度もつけ替えることになります。

その際、「落とす(はがす、取る)」作業が出てきますが、補強ジェルなので粘着強度も高く、間違った落とし方をすると爪の表面を傷つけ、かえって症状を悪化させてしまうことがあります。この点についても、私たち専門家が正しい知識やテクニックの方法を持っていますので、お手伝いできることがあると思います。

爪は、目に見えて状態が悪くなると気にしますが、普段はあまり意識がいかないのも正直なところでしょう。しかし、日ごろから爪に意識を向けて、起こりうるトラブルを知っておけば、どんなことをすれば防げるのか、何に気をつけておけばいいかがわかってきます。

スポーツや運動をする人は負担も多くなるだけに、少しだけ爪への意識を高めてパフォーマンス向上に役立ててみてはいかがでしょうか。

次回は、「スポーツや運動時に生じやすい爪トラブルの原因と対処方法 ~足趾の爪編~」を解説します。

アスリートネイルアドバイザー | ネイルケア | ネイルトレーナー | 木村春香 | 爪SPA | 爪spa赤羽


木村春香(ネイルトレーナー)

関連記事