スポーツ・運動と食を結ぶ
ウェブマガジン
お問い合わせ
2020.05.12
お知らせ
料理研究家・keiさん考案の運動シーンに適した「すぽとりごはん」を“動字”公開!
すぽとり編集部
0
Twitter Facebook

5月23日から月2回(第2、第4土曜日)、料理研究家・keiさんが考案する「おいしい」「簡単」「低価格(材料費300円以内)」の「すぽとりごはん」をスタートする。Keiさんのコラム、使用食材などはweb「すぽとり」で、調理手順は動画「すぽとりChannel」で同時に公開する。

「すぽとりごはん」では、元高校球児で運動や健康に関心の高いkeiさんならではの視点で、運動シーン・テーマに沿ったごはんを提案する。最初のテーマは「朝活」。この時期、朝に運動をして仕事や勉強に勤しむ人も多いのではないだろうか。そういった人に向けて、1日の活力を与えるようなごはんを紹介していく。なお、テーマは今後、季節や食材、時間帯などを踏まえて変える予定。

また、スピンオフとして、調理器具に造詣の深いkeiさんのおススメ品や正しい使い方など、ごはんを作る前に知っておきたい情報も発信していく。

俳優を志すも天職へ舞い戻る。マルチな活躍をするkeiさん

keiさんは、50年以上続いた中華料理店に生まれ、幼いころから料理に親しみ、物心ついた時から店の手伝いや料理のまねごとをして育ってきた。「将来、料理の道に進むんだろうな」と漠然と考えていたそうだ。

高校時代は野球部に所属し、スポーツに青春時代を捧げた。卒業後はホテルに就職して料理人として腕を振るっていたが、「料理とは違う世界も見てみたい」と退職。進んだ道は俳優業だった。

「町を歩いていたらスカウトされて。人前に出ることも好きだったし、意外と向いているかもと思った」と振り返る。企業CMの出演や舞台活動など10年近く俳優として活動した。

天職へ戻るきっかけとなったのは「フードコーディネーター」の存在。keiさんがそれを知った当時は今ほど一般的ではなかったが、新しい料理の世界を目の当たりにし、魅力を感じていた。すぐさま調理師免許取得のための準備を進め、フードコーディネーター・料理研究家として身を立てていく決意をした。

俳優業をしていたこともあり、料理を含めた演出はお手の物。ショップチャンネルやバラエティー番組への出演をはじめ、メニューの監修や料理教室と、仕事はどんどん増えていった。

料理研究家としての知識・情報・技術に加え、俳優時代に培った演出力をいかんなく発揮し、料理界でマルチな活躍を続けている。

keiさんのSNS

Instagram】【facebook