変人、頑固、ブレない哲学…名将ビエルサが古豪リーズを再建中【海外トップのコンディショニング術 #04】

エル・ロコに率いられた進撃のリーズ

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、開催が1年延期されたEURO 2020が現地時間11日、ついに開幕した。ヨーロッパの主要リーグは5月下旬に閉幕したばかりで、サッカーファンにとっては寝る時間を惜しんで試合観戦する日々が続く。

EURO2020にも出場している多くの選手がプレーしているイングランド・プレミアリーグで2020~2021シーズン、異彩を放っていたチームは「リーズ・ユナイテッド」だろう。かつてリーグ優勝を果たしたこともある強豪クラブながら、長年下部リーグに甘んじて低迷を続けていたが、昨年17シーズンぶりに檜舞台へ帰ってきた。「リーズ、プレミア昇格」のニュースに胸を躍らせたファンも多かったに違いない。今季のリーズは久々のプレミアリーグにもかかわらず、9位でシーズンを終えた。強豪チームがひしめく中で、いきなりのトップ10入りはサプライズといって良い。

スーパースターこそいないものの、各国の“手練れ”をそろえたリーズが再び注目されるようになった最大の要因は、マルセロ・ビエルサ監督の手腕によるところが大きい。アルゼンチン人のビエルサは、クラブチーム、代表で数々の実績を残しいる名将だが、「エル・ロコ(変人)」というニックネームで知られるように、指導法、スタイルともに独特な存在だ。

現代の監督の大半がスーツを着てピッチサイドから指示を送るのに対して、ビエルサの普段着はクラブのジャージ。クラブが高級ホテルを仮の住まいとして用意しても、彼はソープ・アーチにあるチームの練習施設にほど近いアパートを見つけ、そちらに移ってしまった。仕事熱心で、あまりにも多くの時間を監督室で過ごすため、クラブが寝具や簡易キッチンを設営したほどだ。こうした頑として自分の考えを曲げないビエルサの哲学は、指揮を執るチーム全体に浸透する。

選手のすべてに目を光らせつつ、選手への思いやりも忘れないビエルサ

チーム全員にハードワークを求めるビエルサのチームでプレーするには、90分間走り続けられる体力が必要だ。アメリカのスポーツメディア「The Athletic」は、サッカーに関する情報を集積し、分析している「Skill Corner」のデータを紹介している。データによれば、2020-21シーズンのリーズは、プレミアリーグのどのチームよりもスプリントの数で圧倒的に上回った。そのため、1秒あたりにカバーしているエリアの広さでも、彼らは他チームを大きく上回る数値を記録。これだけの運動量をこなす選手たちに対するコンディショニングにも、ビエルサのこだわりが反映されている。

The Athleticによれば、ビエルサは日常的に選手の体重、体脂肪率なども徹底的に管理しているという。練習後や試合後に摂取するサプリメントや食べ物こそ違えど、彼は基本的にチーム全員で食卓を囲むように指示。そして、選手たちが隠れて甘い物などを食べていないかを監視するため、食事の席にはチームスタッフが必ず目を光らすほどの徹底ぶりだ。また、ホームスタジアムのエランド・ロードで試合が行われる前日の定宿にしているホテルにも、小銭でお菓子が買える自販機を撤去するよう頼んだというエピソードもある

プロスポーツでは当然のことになったが、アスリートにとって、試合が終わってから次の試合までにどれだけ肉体を回復させられるかは重要な意味を持つ。そのためには高たんぱく質・低脂肪で、できるだけ消化が良いメニューを選び、自然な栄養素を摂取する必要がある。

ピッチ上を常に走れる脚力、心肺機能を作り上げる練習も、ビエルサ独特のやり方が反映されている。その名は「マーダー・ボール(殺人ボール)」と、ちと物騒だ。この練習は、11対11という実戦を想定したもので、対戦相手を想定した細かな戦術指導も厳しいようだが、何よりも選手たちの体力を奪うのは、実際の試合とは違い、プレーが止まらないことだという。

スタッフがピッチの全サイドに散らばり、ボールがラインを超えたら即ボールを戻して再開。セットプレーの数も極めて少なく、テンポを落とすことなく走り続ける超過酷な練習を課されるのだから、選手たちも普段からコンディションを維持しておかなければ試合に出られなくなってしまう。

もちろん、ビエルサは選手たちに何かを強いるだけの監督ではない。これまでに監督を務めたクラブチーム時代と同様、リーズにも練習場の改築を要求し、トレーニングの合間に選手たちが身体を休められる部屋を設け、いつでもフレッシュなフルーツ、スムージーを摂取できる環境を整えた。

そして彼は、組織の長たる人間に不可欠な「ミスを認める」度量の持ち主でもある。2019~20シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部リーグに相当)でウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(WBA)と対戦した時のこと。ビエルサは攻撃に厚みを加えるため、フォワード(FW)タイラー・ロバーツを後半開始から投入した。ところが、WBAの猛攻によって守備に費やす時間が増える展開になり、仕方なく75分にロバーツを下げてディフェンダー(DF)をピッチに送った。ロバーツも試合状況を理解し、この交代をやむなしと頭ではわかっても、心情としては受け入れるのは難しかった。ビエルサも選手の気持ちを理解し、試合翌日の練習の際にミーティングの時間を設け、選手、コーチ全員の前でロバーツに謝罪したという。

他の監督とは一線を画す指導者ながら、指揮をとったどのチームも勝たせてきたビエルサの組織マネジメント術は、昔から一切ブレていない。

昨シーズン終了後、リーズと2021~22シーズン終了までの単年契約に合意したと報じられた。ビエルサ体制となって4年目の来シーズン。ビエルサイズムがさらに浸透したリーズは、異彩を放つチームとしてさらに脚光を浴びることになりそうだ。

<次回へ続く>


菅野貴之 / Takayuki Kanno

海外スポーツ関連の媒体に翻訳記事、コラムを寄稿。

不惑を迎えた悪童イブラ、グラム単位の食事管理で若返り【海外トップのコンディショニング術 #03】

まさかの復活をとげたイブラヒモヴィッチ

「自分はワインのような存在。年月を重ねれば重ねるほど、味が良くなる」「自分はまるでベンジャミン・バトンさ。年老いた状態で生まれ、若返って死んでいく」

これらは、イタリア・セリエAのACミランに所属するズラタン・イブラヒモヴィッチ(スウェーデン)が近年残した名ゼリフだ。今年の10月に40歳になる彼は、今もなお、ヨーロッパサッカーのトップレベルでストライカーとして活躍している。

2020~21年シーズンにはセリエで19試合に出場し、15ゴールを記録(2021年5月19日現在)。リーグ戦最終節を残した時点での得点ランキングは11位だが、彼よりも多くゴールを記録した選手たちはいずれも28試合以上に出場しており、得点効率の面からみれば驚異的な活躍といえる。今季はケガによって出場試合数が少なかった影響もあったが、もしコンスタントに試合出場を果たしていたら、ゴール数はさらに伸びていたと考えられる。

イングランドのマンチェスター・ユナイテッド(プレミアリーグ)に所属していた2016~17年シーズン終盤、彼は右膝の前十字靭帯を断裂する重傷を負った。そのわずか7カ月後にスピード復帰を果たしながらも、2018年3月にユナイテッドを退団。アメリカのロサンゼルス・ギャラクシー(メジャーリーグサッカー)に新天地を求めた。

ヨーロッパと比較してレベルが高いとはいえないアメリカへ移籍したことにより、もうトップレベルでプレーする姿は見られず、あとは引退まで下降線を辿っていくものと誰もが思っていた。ところが、LAでの生活を早々に切り上げ、2019年12月に以前所属したミランへ電撃復帰した。以降は前述の通り、点取り屋として実力を発揮し続けながら、メンターとして若手に良い影響を与えるなど新たな一面を見せ、再評価されている。

グラム単位の食事管理、エネルギー源はシリアルで

NBAのレブロン・ジェームズと口論したり、メッセージ性の強いユニークな発言をしたりと、時には本業より言動が注目されることもあるイブラヒモヴィッチ。「悪童」とも「怪物」とも呼ばれているが、サッカーに対しては純粋に向き合っている。試合に臨むためのコンディショニング、試合でパフォーマンスを発揮するためのフィジカル。並大抵の努力をし続けなければ、これほどの活躍はできない。不惑のイブラヒモヴィッチが“復活”できた理由の一つとして「食事の徹底管理」が挙げられる。「GQ Italia」はこのように伝えている。

1試合でトップスピードでのスプリントを繰り返し、約10kmを走るサッカー選手は、試合前後に効率よく身体にエネルギーを供給できるパスタ類を食べることが多いといわれている。しかし、イブラヒモヴィッチにとって、パスタは糖質の量が多すぎる食材のためNGとしており、代わりにシリアルで糖質を摂取するようにしている。

また、フィジカル維持のために欠かせないたんぱく質は、七面鳥や鶏のモモ肉、胸肉、生ハムの一種で塩漬けされたブレザオラで摂取。フレッシュな果物も日常的に食べて、ビタミンの不足がないように工夫している。さらに、食べる物すべてをグラム単位で測って管理し、体重はベストの92〜94kgをキープしている。食生活とコンディショニングに対するこだわりは、世界最高プレーヤーの一人であるクリスチアーノ・ロナウドと比較されるほどだ。

コンディショニングに関しても、イブラヒモヴィッチは他の選手とは異なる手法を好むといわれている。彼が好むトレーニングは、身体を大きくすることより、筋肉の柔軟性を伸ばすこと。その方が40歳代前の自分にはフィットすると信じている。そして、少年時代に習っていたというテコンドーを今もトレーニングに取り入れ、筋力を維持している。

こうした日々の管理がイブラヒモヴィッチのトップパフォーマンスに表れている。その甲斐あってか、引退を表明したUEFA EURO 2016以来、約5年ぶりにスウェーデン代表のユニフォームに袖を通した。代表復帰戦では早速アシストを記録し、能力の高さを改めて披露した。新型コロナウイルスの影響で1年延期された今夏のUEFA EURO 2020(2021)への出場も期待されていたが、残念ながら膝のケガにより欠場することをスウェーデンのサッカー協会が発表した。W杯よりもレベルが高いといわれるヨーロッパ最強国決定戦での活躍は見られなくなったとはいえ、ミランとの契約は2022年6月まで延長している。来シーズンもテコンドーを駆使したイブラヒモヴィッチのスーパープレーを堪能できそうだ。

ブラッド・ピットが主演を務めた映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」に自分を置き換えた冒頭の名ゼリフには、続きがある。

「年齢については心配しないでもらいたい。イングランドに渡った時、自分が年寄りで、車椅子に乗った状態でやって来たと言われた。その3カ月後、自分は実力でイングランドを制圧した。そうしたら掌を返された」

<次回へ続く>


菅野貴之 / Takayuki Kanno

海外スポーツ関連の媒体に翻訳記事、コラムを寄稿。

Z世代からプロまで、サッカーニュートリションならお任せあれ!【ニュートリションな人々 #05 ~鈴木いづみさん 後編~】

ニュートリション関係者の人物背景や取り組みについて紹介する永続企画「ニュートリションな人々」。久々となる第5回目の主人公は、博士(スポーツ健康科学)で日本スポーツ協会公認 スポーツ栄養士の鈴木いづみさんです(全2回)。

サッカーは血で戦う競技、体脂肪と鉄がカギになる

明治在籍時代に培った経験からサッカー栄養のベースを作った鈴木さんは、2000年からJリーグ・ジェフユナイテッド市原・千葉の選手寮の栄養アドバイザーとなる。2010年よりクラブと正式契約を交わし、計18年にわたって、トップから育成年代まで多くの選手へ指導・サポートし、コンディショニング面からチームを支えた。

「長くサッカーに携わってきた中でわかったことは『サッカーは血で戦う』です。体重と体脂肪率の管理に加え、血の中身をいかに管理するかが最も重要。つまり、持久力をサポートするヘモグロビンの量とフェリチン(貯蔵鉄)を長いシーズンにわたっていかに高値で維持するか。これがすべてといっていいと思います。体内で鉄が不足すると走れなくなりますからね。走ることが生業のサッカー選手が意識すべき点だと思います」

鈴木さんは現在、チーム契約のほかに、個人のプロサッカー選手と契約し、試合日程に合わせて1週間単位の栄養マネジメントを行っている。試合が日曜日の場合、前日(土曜日)、当日は高糖質食、試合後24時間(日、月曜日)は運動による筋損傷をケアするために、フェノール化合物(アントシアニンなど)、ω-3多価不飽和脂肪酸(α-リノレン酸、EPAなど)、ビタミンDなど抗炎症が期待されるエレメンツを含む食品の摂取を促す。その翌日(火曜日)はオフのためリフレッシュデーとして好きな物を食べてよい。ただし、翌日(水曜日)からチーム練習なので試合でロスした体重を元に戻す作業も同時に行う。体重が戻っている状態で、試合に向けて鉄を貯蔵するための食生活を試合前日まで続ける。週2で試合がある場合はさらにタイトなマネジメントになるものの、基本的には年間を通じてこの工程を踏み、厳しくチェックしている。

選手個人へのマネジメントは、労力がかかるうえに管理能力も問われる。そして、何より求められるのは「成果」だ。例えば、鈴木さんのサポートを受けた選手が「1年間ケガをしなかった」「出場時間がチームトップ」「スプリントパフォーマンスが前年より向上した」など、具体的な成果が出なければ次の仕事につながらず、ビジネスにもならないシビアな世界。鈴木さんは、あくまで成果を強調する。

「指導・サポートしたからには、絶対に結果を残さなければならない。これがフリーランサーとしての私の信条です。2020年はコロナ禍ということもあり、とても難しい仕事を余儀なくされました。強行日程による選手への負担は大きく、気を抜くとあっという間に体重が落ちる。外部との接触が制限されたことで採血もままならず、血液指標の動態がわからない。そういった中でとにかく体重管理には例年以上に細心の注意を払いました。それでも、シーズンを通じてベスト体重を一定に保てたことや、ケガをしなかったこと、安定的にハイパフォーマンスを発揮してシーズンを無事に乗り切ったことで、結果は出せたかなと思っています」

教育と研究、人とのつながりを大事に

鈴木さんが現在、ライフワークにしていることが2つある。「育成年代への教育」と「学び」だ。スポーツ栄養関係者に問われる、相反する課題に対して真剣に向き合っている。

育成年代への教育は、ジェフ千葉時代の同志でアカデミーコーチをしていた武田雄哉さんと連携し、選手・保護者への栄養教育を施す。武田さんはジェフ千葉を退団後、東京都世田谷区に本拠を置く「駒沢サッカークラブ」で副理事長に就き、未来のトップ選手への指導を行う。同クラブは、育成年代の男女サッカー、男女フットサルチームがあり、都内でも上位の成績を誇る古豪。鈴木さんをはじめとする各分野の専門家もチームにかかわっている。

「昨年4月から月1回、選手に向けてオンラインの栄養講習会を実施しました。サッカー選手に必要な栄養摂取、食品の選び方、さらには特殊な状況が続いている中で、免疫力を上げる食事や自粛期間中の食事に関することと、アドバイスは多岐にわたりました」

本来なら選手たちの顔を見ながら講義をして、理解の深化を促すが、オンラインが主になっている昨今、なかなか難しい。画面を見ただけでは選手が本当に理解してくれているのかもわかりづらい。選手の理解度を図るためにどうすればいいか。武田さんと鈴木さんは一計を案じ、「おにぎり選手権」を企画した。

「練習後に食べるおにぎり」をテーマに、選手たちが講習で学んだサッカー選手に必要な栄養を含む具材を使って、おにぎりを自作するというもの。そして、鈴木さんが専門家の立場から「おいしさ」「うんちく(食材の栄養情報)」「見ため」など、さまざまな角度から審査してランキングをつけた。詳細は後報するが、選手、保護者を巻き込んだおにぎり選手権は、選手たちの理解度を確認するのに大いに役立った。

「武田さんとは馬が合うというか(笑)。長い雑談の中でいろいろと話しているうちに、この企画が浮上しました。ほとんど武田さんのアイディアです(笑)。今後は他チームとの対抗戦とか、プロ選手との対決とか、幅を広げていければと思っています。選手が楽しく、競いながら参加できるスポーツ食育として普及させたいですね。オンライン時代でも工夫次第で、きちんと教育できることも示せたと思います」

育成年代への教育をする一方、スポーツ栄養研究の向上も忘れない。トップスポーツ現場での経験が豊富で、スポーツ栄養の発展に情熱を注ぐ鈴木さんだが、行き詰まりを感じた時期があったという。「対エリートアスリートでは現場経験だけでは勝負できない、しっかりとしたサイエンスがなくては」と。

一念発起した鈴木さんは順天堂大学院でスポーツ健康科学を学び直し、博士号を取得。企業との共同研究に携わったり、海外のスポーツニュートリションに関する最新情報を有志とともに翻訳したり、研究分野での実績を着々と積んでいる。

また、スポーツ関係者が集まる私的勉強会「すぽべん(SPOBEN」の活動も熱心に行う。すぽべんは栄養分野だけでなく、スポーツ医科学に関するさまざまな分野の研究者と実践者が集まり、自身の研究や活動内容を発表してディスカッションする場だ。

「少人数から始まったすぽべんですが、今では数十人規模になりました。いろいろな研究内容を聞くことで刺激されますし、とても参考になります。また、スポーツ医科学分野のHUB機能を持たせ、人と人、仕事と仕事をコネクトすることにも注力しています。興味のある方はぜひご参加いただきたいですね。参加要件はすぽべんメンバーの紹介があること、加入1年以内に自身の研究に関するプレゼンの意思があることです。多様なパッションに触れるとともに求める情報がきっと見つかるでしょう」

スポーツの先行きが不透明な中でも「とにかく楽しく仕事をさせていただいています」と、笑顔で話す鈴木さん。自身が組み立てた栄養マネジメントが成果につながった時の達成感は他では味わえないという。

鈴木さんは、厳しさもやりがいも感じながら、スポーツ栄養の最前線で活躍を続けている。「10年後はスポーツ栄養分野がもっと発展しているはずなので、その時にいい仕事ができるように常に勉強を続けています」と、その目は未来を見据えている。

<完>


鈴木いづみ / Izumi Suzuki

博士(スポーツ健康科学)、日本スポーツ協会公認 スポーツ栄養士、順天堂大学スポーツ健康科学部 協力研究員、とちぎスポーツ医科学センター 協力栄養士

1990年 女子栄養大学栄養学部栄養学科 卒業。1990~1998年 明治製菓(株)ザバススポーツ&ニュートリション・ラボ。2004~2013年 宇都宮文星短期大学地域総合文化学科 准教授。2015年 順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科 博士前期課程修了。

アトランタ大会(1996年)女子バスケットボール日本代表、ロンドン大会(2012年)競泳日本代表・萩野公介選手など、五輪選手への指導・サポート歴多数。ジェフユナイテッド市原・千葉の全年代の栄養教育に携わった。現在は、Jリーグ 北海道コンサドーレ札幌、および個人のプロサッカー選手との契約のほか、、地域のタレント発掘育成事業など育成年代の教育に力を注いでいる。

Z世代からプロまで、サッカーニュートリションならお任せあれ!【ニュートリションな人々 #05 ~鈴木いづみさん 前編~】

ニュートリション関係者の人物背景や取り組みについて紹介する永続企画「ニュートリションな人々」。久々となる第5回目の主人公は、博士(スポーツ健康科学)で日本スポーツ協会公認 スポーツ栄養士の鈴木いづみさんです(全2回)。

「いい仕事をすれば必ず次につながる」

全世代のサッカー選手へ指導・教育に力を注ぐ鈴木いづみさん(クリックで画像拡大)

育成年代からトップのサッカー選手へのサポート・指導に強みをみせる鈴木いづみさん。研究、現場の両方で経験が豊富なスポーツニュートリショニストの一人だ。

プロ意識を常に持ち、チームやプロ選手から課されたミッションに対し、経験に裏打ちされた知識・ノウハウを駆使して成功に導くための任務を遂行する。プロとしての矜持を鈴木さんはこう言い切る。

「スポーツ栄養の仕事はブーメランなんですよね。いい仕事をしていれば、良い結果が自分に帰ってきて、それが必ず次につながる。逆もありますけどね(笑)。でも、独立してからも途切れることなく仕事をいただけているのは、この思いでずっとやってきたからです」

幼いころから活発だった鈴木さんは、スポーツ中心の学生時代を過ごしたという。高校生になるころには、体育教師になることを思い描いていた。ところが、担任の教諭に進路を相談したところ、「体育大学を出て、地元(長野県)に戻って教員採用試験に受からなかったら、つぶしがきかないよ」と、現実を突きつけられた。日ごろから気の置けない間柄の恩師の言葉に、鈴木さんは「確かに」と納得してしまった。そして、スポーツの次に興味のあった「栄養」の道を志すことにした。

進学した女子栄養大学で、栄養学の基礎を学ぶかたわらで、運動生理学も学んだことから、自分の経験・興味、スポーツと栄養学が合わさってスポーツ栄養の道へ。当時は、「スポーツ栄養」「スポーツニュートリション」という言葉がほとんど知られていなかったにもかかわらず、鈴木さんは突き進んでいく意思を固めるのだった。

スポーツ栄養がやりたんだけど…

鈴木さんは大学卒業後、「ザバス」ブランドを立ち上げて間もない明治製菓(現:明治)に入社。健康産業事業部に配属され、顧客に健康・栄養情報を提供するニュートリションセンターで仕事をすることになった。

「上司はどうも、私の外見や雰囲気からスポーツとは無縁だと思っていたようで(笑)。それで、同期がザバスに配属されて、私がセンターに。その後、私がスポーツ分野に強い関心があるとわかって、ザバスへ異動することになったんです。そこがすべてのスタートになりました」

思わぬところで道は開け、晴れてスポーツニュートリショニストの第一歩を踏み出した。入社2年目の夏に、日本陸連長距離マラソンブロック日本代表選手団の高地トレーニング合宿へ科学委員会からの派遣というかたちで帯同することになり、選手への栄養指導と食事管理を任された。ちなみに、当時の代表にはスポーツ医科学分野の研究者が帯同しており、日本でも医科学の観点から選手を強化する取り組みが始まっていた。まさに、スポーツ医科学の黎明期。研究者たちに交じり、入社2年目の鈴木さんは研究のためのデータ取得、方法論を0から確立していった。

選手のエネルギー摂取量、各栄養素の摂取量をすべて把握し、高地環境の下でヘモグロビン量がどう変化するのか。カロリーとの関係性はどうなっているのか。きちんとデータを取って分析し、世に出してスポーツの強化につなげる。それがミッションだと思い、懸命に取り組んだ。

「毎日の栄養データの管理もそうですし、三食数十人分の食事を用意するのも大変でした。それでも、とにかく楽しかったですね。今思えば、当時一緒に過ごした選手たちがのちのメダリストだったり、実業団や代表の指導者になったりしていて、今でもつながりがある。本当に貴重な経験をさせていただきました」

毎夏の高地トレ帯同を3年続けた後、プロサッカーチームの指導・サポートに携わる。折りしも、Jリーグが産声を上げた時。当時の明治はプロチームを積極的にサポートしており、栄養の知識・現場経験を持つ管理栄養士は重宝された。鈴木さんは、プロサッカーの誕生と歩を合わせて指導・サポートを通じた栄養の重要性をプロに浸透させ、スポーツ栄養学の価値を高めていったのだった。

<後編へ続く>


鈴木いづみ / Izumi Suzuki

博士(スポーツ健康科学)、日本スポーツ協会公認 スポーツ栄養士、順天堂大学スポーツ健康科学部 協力研究員、とちぎスポーツ医科学センター 協力栄養士

1990年 女子栄養大学栄養学部栄養学科 卒業。1990~1998年 明治製菓(株)ザバススポーツ&ニュートリション・ラボ。2004~2013年 宇都宮文星短期大学地域総合文化学科 准教授。2015年 順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科 博士前期課程修了。

アトランタ大会(1996年)女子バスケットボール日本代表、ロンドン大会(2012年)競泳日本代表・萩野公介選手など、五輪選手への指導・サポート歴多数。ジェフユナイテッド市原・千葉の全年代の栄養教育に携わった。現在は、Jリーグ 北海道コンサドーレ札幌、および個人のプロサッカー選手との契約のほか、、地域のタレント発掘育成事業など育成年代の教育に力を注いでいる。