ここが変だぞ! 日本のスポーツニュートリション ~前編~【Dr.Aoyagiのスポーツニュートリションをぶった斬る! #01】

はじめに

僕は今まで海外生活が長く、臨床栄養や栄養剤ビジネス、商品開発に携わり、日本に帰国後、スポーツニュートリションの世界に身を投じました。それで、スポーツが盛んな欧米を見てきた中で、日本では「ん?」と思うことが数多くあり、欧米と同様のことができない、もしくは、制度や仕組み自体を変えなければ前進しないだろうなと思って日々を過ごしています。

この連載で訴えていきたいのは、グローバルスタンダード。つまり、日本のスポーツニュートリションも世界標準に立って物事を進めていかなければならないということ。現状をみると、海外とはだいぶ差があります。しかし、差があるからと嘆いているばかりでは何も始まりません。

僕のキャラクター的に(笑)、耳の痛い話、際どい話が多くなるかもしれませんが、栄養学博士、企業人として日本のスポーツニュートリションに関する問題提起、海外の最新情報、海外で注目されているサプリメント原料など、さまざまな角度からぶった斬っていきたいと思います。

「栄養」がプライオリティになっていない日本

外国と日本の決定的な差として、まず感じることは「栄養への理解度」ですね。これは、プロをはじめとするすべてのスポーツチーム、指導者、選手を含めていえることだと思います。知り合いのスポーツニュートリショニストによると、チームに所属して指導・サポートができたとしても、予算編成の都合で真っ先にお役御免になるのが栄養関係者だそうです。僕の目からすると、この流れはとてもおかしく見えます。

そもそも栄養は生きる上での基本。それをおろそかにすることでどれだけ損をするかは想像がつくと思います。スポーツをする上でもそこは変わらないどころか、パフォーマンスを上げられることができる一手が栄養であって重要度を高くすべきなのに、日本ではなぜか置き去りになってしまっている。一方、海外では栄養を戦略的に考えるのが当たり前で、優先順位はとても高いのです。

ですから、戦略的な栄養介入を考える上でニュートリショニストの介入は不可欠になってきますし、海外ではトレーナーやドクターと同等に捉えられているのです。指導者が持つ知識だけでチームをマネジメントするのにも限界がありますから、栄養の専門家の介入によるチーム強化はごくごく自然の流れになってきます。

日本がグローバルスタンダードに向かうためには、「指導者が栄養の重要性を理解する」。これが今、日本のスポーツ界で必要なのではないかと考えています。僕もことあるごとに指導者のみなさんへ訴えていますが、理解してくれる方もいれば、そうでない方もいる。それぞれですね。

傾向として、スポーツ栄養学に理解のない、知らない世代の監督・コーチに教育されて選手時代を過ごした指導者は、なかなか受け入れにくいのかなといった印象です。でも、それだとチームは強くならないし、日々進化を続けるスポーツニュートリションを取り入れていかなければ、ますます世界に後れをとることになります。

僕に近い人の話として、こんなことがありました。あるチームの監督が交代することになって、挨拶がてら「チームの強化策には栄養戦略が不可欠」と説いたそうです。その監督は栄養の知識が全くなかったものの、すぐに理解を示してくれた。即刻、ニュートリショニストによる栄養講習会を行って、チーム強化に栄養を組み込んだのです。そのチームは、時間がかかったものの、好結果を上げるに至っています。もちろん、監督の指導力の賜物かもしれませんが、好成績の裏に栄養が果たした役割は決して小さくなかったと考えていますし、指導者が栄養を受け入れたことで好転したモデルケースともいえます。

グローバルスタンダードを日本に根付かせるために、指導者の意識改革と栄養への理解。これは、スポーツ文化の成熟、発展に欠かせないものではないでしょうか。

「食事」と「栄養摂取」の違いを理解すべき

食事と栄養摂取。何となく言葉は似ていますが、意味合いが全く違います。特に日本では、「まず食事が大事」という考えがあって、大半の関係者はそのように考えていると思います。

食事は嗜好や環境も踏まえて考える一方で、栄養摂取はAという成分を必要量摂取するとこれだけ体が変化する、パフォーマンスが向上するといったシンプルにサイエンスベースで物事を考えます。大まかに分けましたが、日本では後者の意識が圧倒的に足りないと感じます。

栄養摂取の概念から考えていけば、食事だけではどうしても足りない物が出てきて、特にスポーツ選手は活動量・エネルギー消費が多く、摂取したい栄養素もたくさんあって、それらを食事だけで補おうとすると当然無理が出てきます。

ですから、足りないところをサプリメントで補って、無理なく効率的に栄養を摂取する考えが必要になってきます。僕がサプリのメーカーに所属していることとは別として(笑)、こうした考えがグローバルスタンダードといっていいでしょう。

「エルゴジェニックエイド(競技力を向上させるサプリメント)」という言葉がありますが、日本ではほとんど使われていません。やはり、食事>栄養摂取の考えが根強いことに起因します。栄養素でパフォーマンスを上げたり、コンディショニング、つまりマイナスから0以上に引き上げたりする考え方の理解が足りていないのではないかと考えています。この一線を超えるのがドーピングなんですが、その知識はスポーツファーマシストが詳しいですね。

米国でエルゴジェニックエイドの代表格ともいえるクレアチンは、ある調査によれば大学生スポーツ選手の3割が摂取しているようです。ところが、日本ではあまり知名度がありません。スポーツ分野でのベースサプリとして認識されている物を有効活用できていないということになります。

クレアチンは、「脳震とうのダメージ軽減」「脳機能の改善」など、スポーツ分野にとどまらず、各方面での研究が進んでエビデンスも続々と出てきています。健康にも寄与するクレアチンの情報が広く知れ渡っていないのはもったいないですね。カフェインも米国ではエルゴジェニックエイドとして使用されていますが、日本ではカフェインを積極的に摂取するという話があまり出てきません。

さらにいえば、サプリメントの成分や期待される効果を理解し、選手に正しく伝えるのがニュートリショニストに求められる技量の一つと考えています。そのためにも、ニュートリショニストもサイエンスベースの栄養摂取という考えを持たないと選手にアドバイスはできません。ですから、食事、栄養摂取を分けて考えたり、片方のみを考えるのではなく、ニュートリションの観点から双方を合わせて考えていくことが、今後専門家にも求められる素養になると思います。

僕が提言していることは理想ではありますが、日本が目指してもいいと思っています。それにしても、決してサプリメントを上手に使えていない中で、日本のスポーツ選手はすごく健闘していると思います。食事も含めた栄養戦略、サプリメントの有効活用をすれば、日本人はもっと強くなっていきますよ。

<次回へ続く>


青柳清治 / Seiji Aoyagi, PhD  栄養学博士、(株)DNS 執行役員

米国オキシデンタル大学卒業後、㈱協和発酵バイオでアミノ酸研究に従事する中で、イリノイ大学で栄養学の博士号を取得。以降、外資企業で栄養剤ビジネス、商品開発の責任者を歴任した。2015年に日本へ帰国後、ウェアブランド「アンダーアーマー」の日本総代理店・㈱ドームのサプリメントブランド「DNS」にて責任者を務める。2020年より分社化した㈱DNSでサイエンティフィックオフィサーを務める。

高校のスポーツ界とニュートリション【米国のスポーツニュートリション事情 #01 ~前編~ 】

東京五輪が間近に迫り、スポーツ関連のあらゆる分野が盛り上がりを見せている。ニュートリション分野も例外ではない。日本国内でもその重要性が徐々に浸透している一方、スポーツ大国・アメリカではどのようにニュートリションと向き合っているのか気になるところだ。

今回は、前後編の2回に分けて、自身もアスリートとして活躍し、マーケティングの最前線に身を置く協和発酵バイオのジョン・テノリオさんに、米国のスポーツニュートリション事情について話をうかがった。前編は、ジョンさんのアスリート時代を振り返りながら、米国と日本の相違点を探ってみる。

指導者はニュートリションをしっかり受け入れている

すぽとり ジョンさんはスポーツの本場・米ニューヨークで生まれ育ち、選手としても活躍された経験があります。

ジョン・テノリオさん(以下、JT) 小さい頃からスポーツが好きで、いろいろやりました。ニューヨークは、米国4大スポーツのプロチームが勢ぞろいする土地柄で、スポーツは生活の一部にもなっているんですよ。大学での最初の2年間は、アスレチック・トレーニングとスポーツ・メディシンについて学び、その後の2年間はビジネスを学び、インターナショナル・ビジネスの学士号を取得しました。

すぽとり 現在は、スポーツマーケティングに関する仕事をしていますね。

JT Kyowa Hakko USAでは、顧客サービスと売却・サプライチェーンサポートに従事していました。最近になって日本に赴任してきました。日本はとても暮らしやすいですね(笑)。

五輪が近づき、スポーツニュートリションの市場が拡大する日本で、アミノ酸やシトルリンの販売拡大に力に注いでいます。アミノ酸やシトルリンはスポーツと親和性が高いので、主に同分野での市場開拓を行っています。

すぽとり 実際にアスリートとして活躍された経験と、ビジネスマンとして活動している中で、米国のスポーツニュートリション事情や日本との違いを教えてください。

JT 僕が本格的にアメリカンフットボールを始めた高校生時代の話をするとわかりやすいと思います。米国ではアメフトが最も人気で競技人口も多いです。

ボディコンタクトが基本の競技ですから、「体を大きくする」「筋肉の鎧をつける」といったことが求められます。どの競技でも「まずは体を大きく」が米国的な考え方はありますが(笑)。

僕は14歳のころ、体重が55kgしかありませんでしたが、17歳になるころには80kgまで増えました。食事、食品・サプリメント、トレーニングを組み合わせた結果で、競技に耐えうる肉体ができ上がったといえます。特にサプリメントは摂取する機会が多かったと思います。

すぽとり 食事、トレーニングはやはり密接で、加えてサプリもうまく活用するんですね。米国では高校生レベルでもサプリを積極的に活用するようですが。

JT 米国は日本よりもサプリを活用しやすい環境といえるかもしれません。これは、サプリを含めたニュートリションの知識が豊富で理解のある指導者やレーナーが身近な存在であることが影響しています。彼らは本当に詳しいですし、よく勉強していますよ。ニュートリションの知識を持つことで仕事につながることになりますから。

選手自身もサプリや栄養に関する勉強をしたり、新しい知識や情報を先輩やトレーナーから得たりするので、ニュートリションは競技生活において身近といえます。

すぽとり 米国の高校生アスリートの中で、最も摂取されている物は何でしょうか。

JT 米国でもプロテイン、アミノ酸、BCAAが主流です。プロテインに関していえば、アメフトはもちろん、野球、サッカー、ラグビー、レスリングなど競技にかかわらず、みんな摂っています。

さらにいえば、スポーツニュートリションのみならず、全世代で人気ですね。世界で見てもプロテインの人気が高くて、体づくりに直結する食品やサプリは好んで摂取する傾向にあります。

日本でも米国でも人気は同じですが、少し違うのは考え方。米国では、高校生の早い段階からサプリや食品を上手に活用して、チームや個人のパフォーマンスアップやコンディショニングにどのようにつなげるかを指導者らが戦略的に捉えています。

すぽとり 体ができていない時期(中学生以下)にサプリを摂取すべきではないと言われていますが、米国ではどうなんでしょうか。

JT 同じですね。その点は指導者がきちんと意識しています。

すぽとり 高校のチームでは、指導者らはニュートリションとどのように向き合っているのでしょうか。

JT 大変重要視しています。指導者はニュートリションの知識をもっていることが当たり前です。反対に知識がないと指導者にはなれないといっても過言ではありません。

全米トップレベルのチームはスタッフが充実していて、コーチ、トレーナー、ニュートリショニスト(栄養士)の各専門家がそろっています。僕のチームには、ニュートリショニストがいなかったので、コーチやトレーナーから教育をしっかり受けました。食事に関しては正直アバウトなところがあって、好きな物を食べていました。米国にはピザやハンバーガーなどおいしい物がたくさんありますので(笑)。

ニュートリショニストがいるチームは、普段からの食事など細かく教育されていたと思いますが、多くの高校生アスリートは僕と同じだと思います。本格的に食事や栄養の勉強をするのは大学進学後になりますね。

というのも、米国は大学スポーツも盛んで、時にはプロスポーツをしのぐほどの人気といってもいいでしょう。ビジネス的に成功している背景から、大学側がさらにチーム力をアップさせるためにニュートリショニストを雇用しやすいといった、懐事情も関係しています。

結果、“常駐”するニュートリショニストの下、教育や最新の情報を得られる環境になるといった形です。高校と大学では選手を取り巻く環境は劇的に変わってきます。

すぽとり なるほど。大学スポーツがプロ並みにビジネス化されている点で、選手にとって好環境を整えることができるわけですね。

JT そこまで余裕がない大学はトレーナーを雇い、ニュートリショニストは二の次のようなこともあります。ただ、指導者はみな、ニュートリションの重要性を理解しているので、自分で勉強したり情報を得たり、アドバイスを受けたりといった土壌はできあがっていると思います。

<後編に続く>