「アンチ・ドーピング」ってなんぞや!? #01

デメリットはとてつもないドーピング

ドーピング――競技スポーツをしている人にとっては、避けては通れない。スポーツを楽しむ一般の人にとって何ら関係のない話ではあるが、トップスポーツ選手にとっては、一生をかけて頑張ってきたことが一瞬で崩れ落ちる、デメリットが原子爆弾並みにとてつもない。ロシアで起きた一連の騒動をみても、その大きさは理解できるだろう。

トップスポーツ選手は、好成績を挙げるためにパフォーマンスアップのみを考えて日々を送っているだけでなく、口にするものにも最新の注意を払っている。華やかな活躍の裏にこうした“戦い”があるのだ。

この問題は、トップスポーツ選手だけでなく、薬品、食品、特にサプリメント業界、関連団体、利権もかかわってくるため、思った以上に難解、複雑。一昔前、「首を突っ込むと命が危ない」みたいな噂もあったほどで、情報が一切遮断されていた時期もあった。

実際に、関連機関に取材を試みたところ、「一切お答えしないことにしている」と門前払いだった。なぜ隠す必要があるのか疑問に思ったが、周辺からいろいろな話(相談や訴えなど)が自然と入ってくる中で、合点がいった。

すぽとりは「スポーツ(ニュートリション)に関する正しい情報を知ってほしい」を意義付けしている。したがって、スポーツニュートリションとかかわりの深いドーピングについて、これから知っている限り書ける範囲でさまざまな角度から伝えたい。

東京五輪が開催されなかったとしても・・・

新型コロナウイルスの影響で、すでに終わっているはずの五輪が1年後に延期された。これまで巨額を投資した分、中止の選択はないだろう。戦後復興のシンボル、国威発揚を狙った前回の1964年東京五輪とはまるで状況が異なり、開催されたとしても、穴ぼこだらけの五輪になる可能性もある。非常に難しい。

一方、「五輪にかける追加の費用があるなら、コロナで甚大な害を被った業界、人へ還元すべき」といった世論も根強い。東京五輪開催が決まった当時、日本では根付いていなかったスポーツニュートリション分野が日の目をみると大きな期待をしていたが、取材を進める中で開催を歓迎している人たちばかりではないこともわかった。「国費(税金)が費やされて、自分たちに何か還元されるの?」と。

ただ、五輪の開催が、スポーツ文化の発展に大きな貢献をしてきたのは事実。スポーツ科学をはじめとする最新の情報がアップデートされて各国に伝わり、スポーツが進化する。こうした歴史を繰り返してきた。

五輪開催決定からこれまで、少なくともスポーツニュートリション分野は活況に入った。欧米に後れをとってはいるものの、スポーツ・運動と栄養の重要性・関連性はある程度日本でも周知され、多くのスポーツ向けサプリメント・食品が誕生、新規参入も増えてマーケットは拡大した。特に、商品を提供する企業側のドーピングに関する意識や姿勢は劇的に変化した。五輪の開催がなければ、こうした動きは見られなかったはずである。

たとえ、東京五輪が開催されなかったとしても、準備期間中にじっくりとスポーツニュートリション分野は一定の成長をとげた。1年後の開催で爆発的に成長するものでもない。むしろその後が大切で、研究の質向上、一般への周知をどのように進めていくかが重要になってくる。

ワクチンが間に合ったとしても別の問題が浮上

スポーツニュートリションの話が交じってしまったが、ここから少しずつ本題に入っていきたい。

今、五輪開催とワクチンの有無が取りざたされている。ワクチンが開催の必須条件になると仮定して、出場全選手のワクチン接種は義務付けられる。だが、もしワクチンに禁止薬物成分の含有が判明した場合、全選手がドーピング違反という事態になる。もう開催どころの騒ぎではない。

ワクチン開発企業は、世界中の人の命を救うために創薬するのであって、禁止薬物を使用するか否かなど意識していない。五輪開催までにヒト試験、安全性のエビデンスを急いでそろえる義理も当然ない。

そもそも短期間で作れる代物ではないが、ワクチンが開発されたとして、禁止薬物の有無を検査するための時間は限られており、開催可否がいまだ決定していない現時点の状況を考えればなおさらだ。

ワクチンのドーピングフリーが不明、もしくは検査が間に合わないまま開催される場合、事実上ドーピング不問の大会になるのではないか。そうなると、「ドーピングやり得」なんてこともあり得る。

ドーピング“ノー”コントロール下の大会で成績を残して、果たして報われるのか。公平性が保たれない大会に意義はあるのか。やり得する選手が報われ、必死に頑張った選手が泣きを見る。そんな事態は目も当てられない。それこそ、死語になりつつある「アスリート・ファースト」が根底から覆される。加えて、ドーピング根絶を真剣に捉えて動いてきた関係者の努力が水泡に帰す。

国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は、「ワクチンがなくても開催可能」と発言している。この発言の裏に、ワクチン必須を開催の条件にすると、ドーピングコントロールの問題が出てくるため、あえて言及したのかと邪推してしまう。おそらく、そこまで考えてはいないだろうが。

まだ開発もされていないワクチンとドーピングに関しては、現段階で確かな知見を持っている人はいない。開催可否判断の時期が不明のため、あくまで仮定の話になる。1年延期、規模縮小とすでに特異な五輪になることが確定しているが、最も重視されるべき「公平性」を度外視し、開催ありきで物事が進められているように感じる。

生まれながらのトライアスリートがいざ東京に挑む! トライアスロン東京五輪日本代表候補・高橋侑子③五輪挑戦編

鉄人レース「トライアスロン」で早い時期から世界の舞台を経験し、現在東京五輪日本代表最有力の高橋侑子選手(富士通)。新しい海外拠点での生活が始まり、日本代表決定の5月に向けて本格的な調整に入った。4年前の悔しい思いを胸に、五輪への挑戦が始まる。

4年前の雪辱を! 五輪に照準を合わせて本格調整中

東京五輪が刻々と近づいている2019年12月。高橋は活動拠点をパウロ・ソウザコーチの母国ポルトガル・モンテゴルドに移した。モンテゴルドはポルトガルの南に位置し、スペイン国境にもほど近く、海を越えればアフリカ大陸という比較的温暖な土地。小さな町だが、プールや陸上競技場もあり、不整地でのトレーニング、海、山といろいろなコースが組めるバイクロードと練習環境は一気に充実した。

「レースはヨーロッパでの開催が多いので、アメリカからの移動時間がどうしてもしてネックになります。ヨーロッパ各地を転々としながら、最適な拠点を探していましたが、ソウザコーチの地元に落ち着きました。しっかりトレーニングを積んで、東京五輪に備えたいと思います」

今年は、世界トライアスロンシリーズ(WTS)全8戦を中心に、各地のレースを転戦する。3月に今季初戦(UAE・アブダビ)を迎え、女子の東京五輪代表選考の対象となっているこのレースでしっかりと結果を出し、日本代表入りを近づけたい。

「これまでの成績から五輪に近い位置にいることは間違いないと思います。代表が確定する5月までには数戦出場することになりますが、気を抜かずにやるべきことをやって準備するだけです」

2019年夏に行われた代表選考レース「ITUワールドトライアスロン オリンピッククオリフィケーションイベント(東京五輪プレ大会)」では23位。上位入線なら代表権獲得だったが、結果を残せなかった。それでも、本番へのイメージをつかみ、課題点を見つけることができた。

海外生活が長く、最近の日本の酷暑を体験していない高橋は、練習後に熱めの風呂に入って体温を上げない練習を行った。「それほど暑いとは思わなかった」という通り、対策はうまくいった。ただ、思った以上に水温が高く対策の必要を感じたため、水温の高いプールで泳ぐなどして体を慣らしていく。

ランはアイススティックの使用が特別に認められており、深部体温を下げるアイテムとして活用していく。プレ大会では本番をイメージして、アメリカ・アリゾナ州フラッグスタッフで高地合宿後、千葉県館山市で最終調整した。いい状態で臨めたため、同様の臨戦過程を踏む予定。

「トライアスロンは20歳代後半からピークを迎える競技。ちょうどその時に、自分の生まれ育った東京で五輪が開催されることは2度とありません。絶対に出場したいです。3種目の総合力を武器に、(出場できたら)自分のパフォーマンスを最大限に発揮して上位を目指したいと思います」

壁にぶつかるたびに頭で考え、環境を変えることで前進を続けてきた高橋。トライアスロンが盛んな欧米で研鑽を積み、日本ランキングトップ、世界ランキング日本人最上位(19位:2020年2月現在)と、五輪出場最有力であることは間違いない。生粋のトライアスリートがこれまで着実にレベルアップしてきた成果がもうすぐ出る。

<完>

 

<写真提供:高橋侑子後援会>

高橋侑子選手を応援しよう!(公式サイト

高橋侑子選手フェイスブック

高橋侑子選手インスタグラム

高橋侑子選手プロフィール

生まれながらのトライアスリートがいざ東京に挑む! トライアスロン東京五輪日本代表候補・高橋侑子②コンディショニング、ニュートリション編

鉄人レース「トライアスロン」で早い時期から世界の舞台を経験し、現在東京五輪日本代表の最有力となっている高橋侑子選手(富士通)。食やトレーニングなどを通じてコンディショニングを常に意識し、自らを高め続けている。

ニュートリションがレース結果を左右するトライアスロン

トライアスロンは、スイム、バイク、ランと異なる種目を長距離、長時間で競う競技だ。ハイパフォーマンスを発揮するには、かなりのトレーニングを積む必要がある。高橋はオフも取らず、毎日練習を続ける。

1日最低2種目は練習し、1週間単位でみると、スイム5回、バイク4~7回、ラン5~9回で、とにかく「基礎を大事に」を心がけている。練習メニューは大方決まっているものの、パウロ・ソウザコーチが高橋とのコミュニケーションをとる中でコンディションを読み取り、練習の強度や内容をコントロールする。

ハードな練習で消費したエネルギーを補い、次の日の練習の質を上げるために、日々の食事には気を使う。トライアスロンでは、特にレース前までの栄養戦略が結果に左右するといわれており、高橋はレースが近づくにつれて炭水化物中心に切り替えていく。

食事管理は自ら行う

「米さえあれば大丈夫なんですよね。海外にいても比較的手に入りやすいので、調達には苦労していません。たとえ米が手に入らなくても、ジャガイモやパスタなどがあるので、(エネルギー源となる)炭水化物をきちんと摂ることができます。大学時代に学んだ栄養学の知識を生かし、体調と疲労度なども考慮しながらしっかり食事をするようにしています」

チームメイトと楽しく団らん♪

普段の食事は基本、高橋自らが調理し、チームメイトと分担して作ることもある。海外生活をたっぷりと楽しんでいる。ソウザコーチもスポーツにおける栄養学への関心は高く、論文を日々リサーチするほどの理論派。「○○を食べるといいよ」と頻繁に連絡をしてくる。最近はキヌア、ホウレンソウがおススメのようだ。ただし、「しっかり食べること」以外、指示を出さない。高橋の食事に対する取り組み、しっかりした考えを尊重している。

追い込んだ練習をしたときは早めのリカバリーが必要なため、スムージーにプロテインパウダーを混ぜた物、プロテインバーで栄養補給する。海外では魚を食べる機会が減るため、オメガ3など魚油系の有用成分はサプリメントから摂取するようにしている。サプリに関しては、食事よりもさらに気をつけている。五輪代表レベルの選手にはドーピング検査が義務づけられているからだ。

「海外で生活をすると、なじみのない食品やサプリも多いんです。商品の表示を見ても、英語ならまだしも他の言語では何かわかりません。だから、自分が信頼する物以外は手をつけない。この姿勢でいます。薬に関しては、医師とスポーツファーマシストに確認を取ったうえで、自分でも禁止薬物リストを確認します。また、日本薬剤師協会に薬の成分リストを送って判断を仰ぎ、相手とのやりとりもすべて残しておいて問題が起きないように万全を期しています」

ロシアのドーピング問題に端を発し、サプリや薬品の安全性がクローズアップされている昨今。高橋は競技生活を守るために、東京五輪に出場するために、日々の食事、サプリ、薬と口にする物すべてに最新の注意を払いながらレースに臨む。

高橋はレースのスタート3時間前に食事をする。ご飯、たまご、スープが定番で、ウォーミングアップ開始のスタート2時間前にはバナナ、スタート直前(20分前)には栄養成分がきちんと配合されている機能性ゼリー飲料を摂取する。心を落ち着かせる効果が見込めるギャバが入っており、レースへのスイッチとしても欠かせない物になっている。コーチからの指示で、コーヒーなどのカフェインも摂取するようにしている。

バイク時はボトル2本を積み、水、スポーツ飲料、高濃度のエネルギージェルを使い分け、継続的に水分とエネルギー補給を可能にしている。レース直後には機能性ゼリー飲料を再度摂取してリカバリーを図る。そして、しっかり食事をとって次のレースや日々の練習に備えている。

「レース前からレース中、その後に至るまで、だいたい何を摂るかは決まっています。いろいろ試して、安全性や自分にバチッとハマる物を選びました。ただ、それらに頼り過ぎないようにもしています。ある程度のルーティーンはありますが、それが崩れた時にパフォーマンスが落ちるのでは本末転倒。どんな時でも動じずに対応できる力が最も大事だと思っています」

食、トレーニングなどを常に意識しながら日々を送り、レースに万全の状態で臨めるように心を砕いている。

<③に続く>

<写真提供:高橋侑子選手、高橋侑子後援会>

高橋侑子選手を応援しよう!(公式サイト

高橋侑子選手フェイスブック

高橋侑子手インスタグラム

高橋侑子選手プロフィール

生まれながらのトライアスリートがいざ東京に挑む! トライアスロン東京五輪日本代表候補・高橋侑子①競技人生編

東京五輪に向けて意気揚々の高橋侑子選手

鉄人レース「トライアスロン」で早い時期から世界の舞台を経験し、現在東京五輪日本代表の最有力となっている高橋侑子選手(富士通)。生まれ育った東京の地で開催される五輪への出場に並々ならぬ闘志を燃やす。幼いころからトライアスロンに親しんできた、生まれながらのトライアスリートは、高い壁にぶつかりながらも自ら考え、環境を変えることで常にステップアップしてきた。

壁にぶつかるたび、常に考え、行動してきた

父親が元トライアスリートだったことから、高橋のトライアスロン人生はスタートする。

「父の影響で兄と妹も小さいころから泳いだり、走ったりしていたので、いつの間にかトライアスロンをしていましたね。『やれ』と言われたこともないですし、トライアスロンを始めた当初は遊びみたいなものでした。高橋家の家族イベントのようなものでもあって、家族そろって週末に出かけ、ついでに大会に出場する。勝つとかそういうのではなくて、家族そろってみんなで楽しんでいた記憶があります」

トライアスロン=楽しいもの。まさに遊びの延長で、近所のプールで泳ぎ、公園で走り、子供用自転車にまたがって疾駆する。とにかくトライアスロンに夢中だった。高橋がトライアスロンを始めた約20年前は、ランナーやバイカーはおろか、トライアスロン自体を知る人もやる人も少なかった時代だ。

「泳ぐ・こぐ・走る」遊びから、競技として捉えるようになったのが、小学校高学年のころ。「泳ぐ」ことから真剣に向き合うようになった。走るのも好きだったことから、中学進学を機に陸上部に入部した。自分では、両方の競技をすることで好影響を及ぼし、記録や成績がぐんぐん伸びると思っていた。ところが、思った通りにいかない。

「タイムが出ない、上位に食い込めない。あのころは全然うまくいかなくって。原因は何なのかを真剣に考えましたし、このままでは駄目だ、何かを変えなければと思っていました」

初めての壁。小さいころから慣れ親しみ、楽しい遊びだったトライアスロンを本気でやってみようと思った。中学3年時に、東京都稲城市のトライアスロンチームに入り、朝は水泳、日中は部活動で長距離を走り、週末は自転車と、本格的に3種目を練習することになった。

そのころから、陸上も水泳も成績が伸びていき、間もなくトライアスリートとして出場したJOCジュニアオリンピックでいきなり優勝。生まれながらのトライアスリートが才能を開花させた瞬間だった。

ジュニア、ユースのころから世界の舞台で活躍

桐朋女子高等学校進学後はトライアスロン中心の生活になり、部活でラン、クラブでスイム、バイクと練習を積んでいった。陸上の大会にはタイミングが合えば出場していたが、好成績を挙げるには至らなかった。しかし、トライアスロンでは違った。高校1年生からエリートとともに日本選手権に毎年参戦し、日本代表として19歳以下のカテゴリでアジア選手権、世界選手権に出場するまでになっていた。

「ラン、スイムと個々の競技で、私は強い選手ではなかった。でも、バイクを加えた3種目の総合力(トライアスロン)なら十分勝負になると思っていました。スイム、バイク、ランをずっとまんべんなく練習してきたのが良かったかもしれませんね。運良く早い段階で世界を知ることができたので、トライアスリートとして生きていく覚悟がこのころ決まりました」

世界を見据えた戦いに身を置く一方、高橋は頭打ち感を覚えていた。「前進するためには何かを変えなければ」―またしても、この前向きな思いは高橋の成長を促す。歩みを決して止めることはない。

高校卒業後、単身オーストラリア・キャンベラへ渡り、地元のトライアスロンチームに加わった。オーストラリアはトライアスロンが大変盛んで、子供から大人まで楽しめる環境が整っており、もともと海外志向が強かった高橋は異国の水にもすぐに慣れ、充実した日々を送っていた。

海外と日本を往復する中で、「大学に行きたい」「スポーツをさまざまな角度から勉強したい」という気持ちが芽生え、渡豪の1年後、スポーツ健康科学部が新設されたばかりの法政大学に入学した。法政大学は競泳の名門で、レース展開にも大きく影響するトライアスロン最初の種目・スイムを重要視していた高橋にとって、腕を磨くにはうってつけの場所だった。

ランは他大学との合同練習やキャンパス内でのランニングなど、自ら交渉して練習環境を確保。専任のコーチはついていなかったが、大学レベルのスペシャリストたちと一緒に練習することで刺激を受けた。試行錯誤しながらも、周囲の温かいサポートを受けて前に進んでいく。

支えてくれる人たちへの感謝を胸に戦う

「周囲の方々には本当に良くしてもらって。私は恵まれているなと思います。中、高の時もそうでしたが、『いつでも練習においで』と温かく迎え入れてくれる指導者、チームメイトに支えられて競技を続けることができましたし、今でも支えてくださる方々がいる。本当にありがたいです」

「基礎を磨く大事な時期」と捉え、スイム、バイク、ランの底上げに徹底した大学時代。卒業後も練習環境を変えず、世界大会、国内大会に出場し、実戦勘と経験を積んでいった。来たるべき大目標、リオ・デ・ジャネイロ五輪出場のために。

当時の女子トライアスロン界は多くの選手がせめぎ合い、代表選考争いがし烈を極め、五輪直前になっても代表が決まらなかった。紆余曲折の末、高橋がブラジルに行くことはなかった。「納得のいく内容ではなかった」と高橋自身は振り返るが、その目はすでに東京を見据えていた。

「東京五輪に出場するためにはここで何かを変えなければ」と奮い立ち、2016年末、拠点をアメリカ・サンディエゴに移すことにした。コーチ探しも自分で行い、アメリカで長く指導歴のあるポルトガル人のパウロ・ソウザ氏に決めた。ソウザコーチとは何でも言い合える仲で、「何か問題があれば、必ず言いなさい。大きな問題になる前に対処するから」と高橋を心身でサポートしてくれる。

海外選手との練習がレベルアップに

海外に拠点を移すことで、トップ選手と一緒に練習できる環境を手に入れることにもなった。どの競技でもそうだが、他の選手はみなライバル。トライアスロンも例に漏れないが、トレーニング面では国の垣根を越えて世界のトップ選手同士でグループを組んで行うことは珍しくない。2017年から高橋もトップ選手のグループに加わり、行動や考え方を吸収しながら自分のパフォーマンスアップにつなげている。

信頼できるコーチ、チームメイトが近くにいて、しっかりと練習に打ち込める毎日を「ただただ楽しい」と表現する高橋。これまでにない良い環境を手に入れ、東京五輪挑戦へと歩を進めていく。

<②に続く>

 

<写真提供:高橋侑子後援会>

高橋侑子選手を応援しよう!(公式サイト

高橋侑子選手フェイスブック

高橋侑子選手インスタグラム

高橋侑子選手プロフィール