好相性の食材を組み合わせてエネルギー補給①(Spring ver.) ~ 豚肉×ニラ~【スポーツ食マッチング #06】

「季節感(食材の旬)」「好相性の食材を組み合わせて相乗効果を図る」「強化目的」――この3点を踏まえたスポーツ食を提案する「スポーツ食マッチング」。第6回目は「エネルギー補給編 ①」です。

本企画は神戸女子大学 健康スポーツ栄養学科 坂元ゼミとのコラボ企画で、栄養解説は坂元美子先生、レシピ作成&調理は坂元先生監修の下、明石苑子さん(4回生)が担当しました。

Z世代のスポーツ選手を想定して献立を作成していますが、自炊しているスポーツ選手、部活のマネジャー、スポーツ習慣のある成人の方などにもご活用いただけます。簡単、かつ栄養価の高い献立になっています。

「Z世代におくるスポーツ栄養講座」動画一覧

「好相性の食材を組み合わせた目的別スポーツ食」動画一覧

動画「すぽとりChannel」


【エネルギー補給に必要な栄養素は?】

<ポイント>

筋肉や脳のエネルギー源になるのは炭水化物

②炭水化物をエネルギーに変えるのはビタミンB1硫化アリル

成長期のスポーツ選手には、心も身体も成長するには、まずエネルギーが必要になる。スポーツ選手として成長できるように、効率よくエネルギーを摂りたい。成人やスポーツをしていない人にとっても、エネルギーを効率良く使えるようにすることで、バテにくく、太りにくい身体にすることができる。

摂りたい栄養素は、筋肉や脳のエネルギー源になる炭水化物、炭水化物をエネルギーに変える役割のあるビタミンB群の中でも特にビタミンB1、そして硫化アリル。硫化アリルは栄養素ではないものの、吸収率を上げるなど体の中で何かとビタミンB1を働きやすくサポートしてくれる成分。

たくさんエネルギーを使う持久系のスポーツ選手や有酸素のトレーニングを行う人、体脂肪を減らすために有酸素の運動をしている人にとって、ビタミンB1×硫化アリルは抜群の組み合わせだ。

【好相性の食材組み合わせ】

エネルギー補給のために組み合わせたい食材は、豚肉とニラ。

豚肉には、ビタミンBが牛肉や鶏肉に比べて約10倍多く含まれている。ニラにはビタミンB1のサポート役・硫化アリルの含有量が多い。ニラの他には、にんにく、たまねぎ、ねぎ、ラッキョウがある。ニラは、ビタミンAやビタミンC、カリウムなども豊富。3~5月に旬を迎え、栄養価も高くおいしくなる。

豚肉&ニラのコンビと一緒に摂りたいのは、エネルギー源になるご飯やパン、麺類などの主食。

【摂取タイミング】

頭を使う、運動をする、試合などがベスト。朝ご飯が最適か。消化・吸収の時間を考え、行動の4時間前には食べ終えておく。


◎ニラ玉豚キムチ

<材料(2人分)>

豚肉 :100g
ニラ:40g
キムチ:50g
もやし:25g
卵:1個
鶏がらスープ:3g
砂糖:2g
濃口しょうゆ:小さじ1
酒小さじ:1/2

<手順>

(下準備)
・豚肉、ニラ:3、4cm幅に切る。
ボウルに卵を割り、鶏がらスープと砂糖を入れ溶く

① ごま油を敷いて、肉を炒める。
② もやしを加えて炒める。
③ 肉の色が変わったら、濃口しょうゆと酒を入れる。
④ 味が全体になじんできたら、キムチを加える。
⑤ ニラを加えて、サッと炒める
⑥ 具がしんなりしてきたら、溶き卵を流し込む。
⑦ 卵をかき混ぜる
⑧ 具全体をかき混ぜる

<栄養量(1人あたり)>

エネルギー:562 kcal
たんぱく質:23.8 g
脂質:44.9 g
炭水化物:10.1 g
カリウム:743 mg
カルシウム:78 mg
鉄:2.2 mg
ビタミンD:1.4 μg
ビタミンB1:0.6 mg
ビタミンB2:0.5 mg
ビタミンB6:0.46 mg
ビタミンB12:1.0 μg
ビタミンC:23 mg

<レシピ作成&調理担当:明石 苑子 / Sonoko Akashi>

朝の運動後に急速ホカホカ、蒸し焼きトマト豚汁【すぽとりごはん #16】

こんにちは!

寒い日が続いてますね!

朝のトレーニング後は体が冷えるのも速いので、こんな時は温かい物を食べたい!って思いませんか? どうせ食べるなら身も心も満たされる「豚汁」はいかがでしょう。

豚汁は、具だくさんの汁物の定番で、1品でたんぱく質、ビタミン、ミネラルなどいろいろな栄養素をとることができます。でも、豚汁っていろいろ下処理をしなくちゃいけなくてめんどくさいし、煮込む時間なんてない!って思いますよね。

今回ご紹介する豚汁は、フライパン一つで煮込み時間も短縮できるテクニックを用いた栄養豊富な豚汁をご提案します。

使う食材は、豚細切れ肉、トマト、ごぼう、キャベツ、えのき、板こんにゃくです。

すぽとりごはんでもたびたび登場してきた、トマトは抗酸化のリコピン、きのこは旨みのグルタミン酸、豚肉はビタミンB。そこに今回はこんにゃくやごぼうの食物繊維が豊富な食材も入って、身も心も満たされるのではないでしょうか。

煮込時間を短縮させるには食材の切り方と煮込む前の手順が重要かと思います。

そこで、「手でちぎる」と「蒸し焼きする」が効果的です。

動画内でも紹介していますが、旨みの一部でもあるトマトとこんにゃくは手でちぎっています。そうすることで、食感も良くなりますし、断面の繊維から味が染み込みやすくなって時短に繋がります。

さらに蓋をして蒸し焼きをすることで、効率よく火が通って旨みも逃さないで最高の豚汁に仕上がります。

ちなみに今回使った味噌は無添加の米麹味噌を使いました。他にも麦味噌や大豆だけの豆味噌っていうのもあります。米麹の味噌は味噌に甘さも入っているので糖質効果からご飯なしで朝はこれだけでも満足出来るのでオススメです。

※甘いのが苦手、、、という方は慣れている他の味噌でも大丈夫です。

ぜひお試しください。それではレシピです。

<蒸し焼きトマト豚汁>

朝の運動後に具だくさん豚汁で体の芯から温まろう!(画像拡大)

◎材料:1人分(材料は一般的な価格) total:300円

豚細切れ肉:50g(79円)

トマト:1個(100円)

ごぼう:1/3本(20円)

キャベツ:1/8玉分(30円)

えのき:1/2束(49円)

板こんにゃく:1/2枚(22円)

味噌:大さじ2

酒:大さじ1

みりん:大さじ1

ごま油:大さじ1

塩、胡椒:適量

白入りごま(お好みで):適量

◎作り方

① 豚細切れ肉は両面に塩、胡椒をする。ごぼうはよく洗って斜めにスライスし、えのきは石突きを取り除き手でほぐし2等分に切る。キャベツは芯も使いつつ大きくざく切りに。トマト、板こんにゃくはそれぞれ手でちぎる。

② フライパンにごま油を敷き、中火で火をつけ豚細切れ肉とごぼうを炒めてからこんにゃくを加え全体に油を馴染ませる。

③ ②にえのき、トマト、酒、キャベツを加えたら蓋をしてキャベツがしんなりするまで蒸し焼きする。

④ 蓋を取って軽くかき混ぜたら水、味噌、みりんを加え10分ほど煮込む。塩、胡椒で味を整えつつ器に注ぎ、お好みで白いりごまを散らす。


料理研究家 kei

料理家。神奈川県鎌倉市出身。明治11年創業の老舗・神奈川県箱根町「箱根富士屋ホテル」でフレンチの修行を積んだ後、俳優としてドラマ、映画、舞台などに出演。その傍ら、調理師免許、フードコーディネーター認定書を取得して、料理家に転身。男性から女性に向けたおもてなし料理「僕の番ごはん」をはじめ、雑誌・テレビなどの各メディアや企業へのレシピ提供、フードイベント出演など、幅広く活動する。

運動後にとりたい栄養を合わせた、丸ごと玉ねぎの豚ばら出汁スープ【すぽとりごはん #13】

 

動画【すぽとりごはん】

こんにちは!

前回に引き続きスープで元気になってもらいたい!ということで今回も簡単うまうまスープを紹介していきたいと思います!

朝の運動後にはもちろんのこと、コレステロール値が気になる方やちょっとストレスを感じて疲れたなという方にもおすすめな癒しレシピですのでぜひお試しください。

よく血液をサラサラにするって聞くけど??

玉ねぎには硫化アリル(アリシン)という成分が含まれています。玉ねぎを刻んだ時に目にしみたり、食べると辛いと感じるのは硫化アリルが原因です。

硫化アリルは血液が固まるのを抑制するので血液をサラサラにし、高血圧、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞などに効果的なんです!

また、血糖値の上昇を抑える働きもあるので中性脂肪やコレステロールが高いって方にもおすすめです。

さらに豚肉!

豚肉には、血中の悪玉コレステロールのみを撃退するオレイン酸が豊富に含まれていてコレステロールの緩和にも役立ててくれます。

今回の玉ねぎと合わせる事で!!

ビタミンB1が強化されます!

ビタミンB1は、不足すると糖質がうまくエネルギーにならないため、食欲がなくなったり、疲れやすくなったり、口内炎やお肌のトラブルに繋がります。

多忙な人ほどエネルギーを活発につくって消費していることから、体内でビタミンB1が不足しやすくなります。なので豚肉と玉ねぎを合わせビタミンB1強化することがとても効果的なんです。

それではレシピです。

<丸ごと玉ねぎの豚ばら出汁スープ>

◎材料:1人分(材料は一般的な価格)  total:207円

玉ねぎ:1個(80円)

豚バラ肉(ブロック):90g(127円)

A コンソメ:1個

A 生姜(すりおろし):小さじ1

A 水:500ml

塩:適量

黒胡椒:適量

粉チーズ:適量

◎作り方

① 玉ねぎの根の部分に十字に1/3ほどの深さまで切り込みを入れる。ラップで包み600wのレンジで5分加熱する。豚バラ肉は1cm角に切る。

② 手鍋に弱火で火をつけ豚バラ肉を入れて軽く炒める。Aと玉ねぎを入れ、灰汁を取り除く。

③ ②の汁をすくって玉ねぎにスープの色が染み込むまで何回も掛ける。色が変わったら器に注ぎ粉チーズと黒胡椒を散らす。


料理研究家 kei

料理家。神奈川県鎌倉市出身。明治11年創業の老舗・神奈川県箱根町「箱根富士屋ホテル」でフレンチの修行を積んだ後、俳優としてドラマ、映画、舞台などに出演。その傍ら、調理師免許、フードコーディネーター認定書を取得して、料理家に転身。男性から女性に向けたおもてなし料理「僕の番ごはん」をはじめ、雑誌・テレビなどの各メディアや企業へのレシピ提供、フードイベント出演など、幅広く活動する。