高齢者に対して心がけておきたい栄養指導のポイント【スポーツ栄養の果たす役割 #09】

高齢者への栄養指導に対する需要の高まり

総務省統計局が「敬老の日(9月21日)」に合わせて発表した報告書によると、最新の統計値として日本の高齢者(65歳以上)数は3617万人(2020年9月15日現在)で、これは総人口比の28.7%にあたります。前年の3587万人、28.4%からさらに増加し、数・総人口比ともに過去最高の値を示しています。

こうした時代背景を物語るように、健康維持・介護予防の一環としてスポーツやフィットネスに取り組むもうとする高齢者は今後、ますます増加していくことが予測されます。国立社会保障・人口問題研究所の推計では、第2次ベビーブーム(昭和46~49年)が65歳以上になる平成52(2040)年には総人口の35.3%が高齢者になる見通しになることから、運動指導に携わる健康運動指導士をはじめ、トレーニング指導者やアスレティックトレーナーの方々の役割は、さらに重要度が増していくのではないでしょうか。

ただし、高齢者指導においては特に筋力や身体機能の低下、あるいは免疫力の低下などのリスク、加えてさまざまな既往歴を抱えていることを忘れてはなりません。健康のために取り組んでいる運動が、かえってそれを害してしまうようなことがあっては、それこそ本末転倒です。もちろんそれは、運動と密接に関連する食事・栄養面からのアプローチに関しても同様といえるでしょう。

優先順位の一番目は水分補給

では、公認スポーツ栄養士として、運動を実践する高齢者の方々にアドバイスするとしたら、どういったことがあるかといえば、まずは一番心配なところから…というわけで、私は水分補給を第一に挙げたいと思います。それが適切にとれているかどうか、と確認すること。

例えば、午前中にフィットネスクラブで運動をする場合、運動中・運動後の水分補給はもちろんですが、実は朝ごはんの際にスープ、もしくは味噌汁など、汁気のあるものをしっかり飲んでおくことも大事であるということなどです。いわゆる、運動をする日は、脱水症状に対するリスクマネジメントとして、朝ごはんでは汁物を必ずとっておくこと。高齢者の指導においては、こうした栄養指導をしておくことが大きなポイントといえるでしょう。まさに念には念を! です。

また、朝ごはんに関していえば、「今朝はコーヒーしか飲んでない」という方も少なくありません。特に男性の場合には、前日にお酒を飲んだりしたときなど、「あまりお腹が空かないから」と欠食状態のまま、運動に出かける方もいらっしゃるのではないでしょうか。運動中に低血糖で倒れてしまっては元も子もありません。したがって、「朝ごはんは必ず食べてきてください」とアドバイスすることも大切です。もちろん、その際にはバランスよく食べればより“ベター”であることはいうまでもありません。納豆や卵などのタンパク質食品に加え、果物や乳製品などもとれたら申し分ないでしょう。

ここまで述べたことは、何も高齢者の方々に限ったことではありません。すべての運動実践者に共通する課題であることもぜひ心得ておいて、クライアントの方々に対するアドバイスとして生かしていただければと思います。

朝食と昼食を思い出してみよう

そこで、活用していただきたいのが、の『朝食と昼食を思い出してみましょう』です。今朝の食事もしくはお昼の食事内容を細かく書き込んでいくのですが、これなら管理栄養士でなくても、基本的なアドバイスはできるはずです。

もし仮に、「あれっ、今日はコーヒーだけですか?」「今日はおにぎりだけですね」という結果だったら、何が足りないかが一目瞭然となるわけですからね。空欄が多ければ、自己反省の材料にもなり、「次回は必ず」というモチベーションにもつながっていくのではないかと考えています。

もちろん、このチェック表は運動指導者の方々ご自身の現状把握として活用していただいても結構です。指導的立場にあるご自身に、もし欠食があったりしてはクライアントへの説得力を欠くことになってしまいますからね。‟体が資本”はすべての人たちにいえること。だからこそ、その原動力となる食事はできるだけバランスよく、さらに運動量に応じて必要量をとっておきたいものです。

<次回へ続く>

飲むスーパーフード!? きのことキャベツのクセになる豆乳カレースープ【すぽとりごはん #11】

動画【すぽとりごはん】

こんにちは!

最近は肌寒く、だんだん温かい飲み物が欲しい季節になってきました。

今月はスープの特集をしていきたいと思います!

今回はスパイスの力とビタミンのチカラに着目してみました。

キャベツにはビタミンCの他に、胃の粘膜の再生や胃潰瘍の治癒に効果が見込めるビタミンUやビタミンKが豊富に含まれています。胃の痛みや胃腸の潰瘍に一定の効果があることがわかり、薬膳としてもにわかに注目されています。

しめじにはグルタミン酸も豊富であることに加え、ビタミンB1とビタミンB2が含まれています。ビタミンB1は身体の中で糖質をエネルギーに変える助けをするものです。ビタミンB1が不足すると糖質の代謝がうまくいかず、体内に乳酸などの疲労物質がたまり、疲れやすくなります。「血圧が高め」「血糖値が気になる」「むくみを解消したい」「便秘がつらい」などのお悩みを持つ方におすすめです。

カレー粉は「食べる漢方薬」ともいわれていてターメリック、コリアンダー、ウコン、カルダモン、トウガラシなどが入っており、冷え性や便秘など体の中を根本から整えてくれる優れものです。

そして、すべての繋ぎ役になるのが豆乳です。大豆には植物性タンパク質が約30%含まれており、そのほとんどが水溶性のため、豆乳に残っています。

吸収率が高く今回の食材達と合わせることで、バランスも取れてお味噌も入って味も旨味が増してまろやかになるのでおすすめです。

それではレシピです。

<きのことキャベツのクセになる豆乳カレースープ>

◎材料:1人分(材料は一般的な価格) total:140円(税抜)

キャベツ:1/8玉分(30円)

しめじ:1/3株(30円)

玉ねぎ:1/4個(20円)

生姜(すりおろし):小さじ1

A 豆乳:150ml(60円)

A カレー粉:小さじ1

A 味噌:大さじ1

黒いりごま:適量

塩、胡椒:適量

水:250ml

◎作り方

① キャベツはざく切りに、玉ねぎは薄くスライスに、しめじは石突きを取って手でほぐす。

② フライパンに①を入れ中火で火をつけ蓋をする。軽く温まったら塩、胡椒し水と生姜を入れ軽く煮込む。

③ ②にAを入れ味を整る。弱火にして沸騰直前まで煮込む。器にそそぎ黒いりごまを散らす。


料理研究家 kei

料理家。神奈川県鎌倉市出身。明治11年創業の老舗・神奈川県箱根町「箱根富士屋ホテル」でフレンチの修行を積んだ後、俳優としてドラマ、映画、舞台などに出演。その傍ら、調理師免許、フードコーディネーター認定書を取得して、料理家に転身。男性から女性に向けたおもてなし料理「僕の番ごはん」をはじめ、雑誌・テレビなどの各メディアや企業へのレシピ提供、フードイベント出演など、幅広く活動する。

スポーツを頑張る高校生年代が抱える問題点 ~起こりうるスポーツ障害~ 【Z世代におくるスポーツ栄養講座 #06】

神戸女子大学・坂元美子先生による「Z世代におくるスポーツ栄養講座」。第6回は「スポーツを頑張る高校生年代が抱える問題点 ~起こりうるスポーツ障害~」をテーマにお送りする。

※Z世代とは、欧米で10~20歳を指す言葉として使われている。すぽとりでは「成長世代」と同義と捉えて使用する。

 

動画「すぽとりChannel」

競技を取り巻く環境が大幅に変わる高校生

高校生は、中学生の時と比べて、大幅に競技をする環境が変わってくると思います。

練習量が格段に増えて長時間に及んだり、平日のみならず土日も練習や試合があったり、競技によってはダイエットや減量をしなくてはならないこともあります。また、スポーツを頑張るために、遠方の学校へ通うといったケースもあります。

高校生たちには、インターハイ、選抜など目標とする大会が多く、これらに出場することを励みに日々の練習に力を入れていることでしょう。ただ、頑張り過ぎてしまうあまり、生活のリズムが崩れがちになるのも確かです。

例えば、長時間の練習で帰宅が遅くなってしまい、満足に食事をしないまま睡眠に入ったり、寝る時間が遅くなることで休息が十分に取れなかったり。ハードな練習が続いていても体を休める時間がなかったり。これは、本人だけの問題ではないかもしれませんが、考える必要があります。

前回まで、「スポーツ選手としての体を作るためにはしっかりと栄養をとらなければならない」、「中学生~高校生は一生のうちで最も食べなければならない時期」と説明してきました。ハードな練習や生活のリズムが崩れることで十分に食事がとれず、体の成長に必要な栄養が不足してしまうという事態が実際にたくさん起こっています。

このような生活が長く続くと、さまざまなスポーツ障害をひき起こすことにもなります。

栄養不足からくるスポーツ障害のリスク

高校生年代では、さまざまな理由から多くのスポーツ障害が起きるリスクがあります。

ハードな練習をし続けた結果起きる「疲労骨折」、コンタクト競技では不可抗力による「骨折」が多くなってきます。持久系スポーツでは血液の材料になる栄養(鉄)不足による「スポーツ貧血」、体作りのための栄養が足りない場合、「じん帯の損傷・断裂」、「ねん挫」、「脱臼」などの関節系のケガが増えてきます。

心理面が影響して起こりうるのが「オーバートレーニング症候群」で、「もっと練習しなきゃ」「自分はもっと頑張れる」という気持ちがマイナスの方向に働いてしまい、練習ができなくなる症状をいいます。同様に、ダイエットや減量を強いられるあまり食事がとれなくなる「摂食障害」にも要注意です。

高校生年代は男女ともにホルモン分泌が高まる時期ですが、特に女子にはそれが起因となる障害もあります。今世界中の女子選手に起こりえる大きな問題となっている「女子選手の三主徴(FAT)」です。これは、「利用可能エネルギー不足」「疲労骨折」「月経障害」の3つを指し、これらは相関関係を持っているため、問題解決には食事はもちろん、医学的なアプローチも必要不可欠になってきます。FATについては、次回以降、一つずつ解説していきます。

この問題は適切に処置しないと、成人になってからも心身に多大な影響を及ぼすことになるので、指導者や保護者の方はぜひ知っておいていただきたいと思います。

高校生年代は、生活のリズムの変化、ハードな練習、身体の成長過程(ホルモン分泌)における影響など、スポーツ障害の原因を考えて日々の練習に向き合っていくことが大切です。

<次回に続く>

次回は、「スポーツを頑張る高校生年代にとって大切なこと」をお送りいたします。

中学生年代の食の問題点とその対策 ~スポーツと五大栄養素~【Z世代におくるスポーツ栄養講座 #05】

神戸女子大学・坂元美子先生による「Z世代におくるスポーツ栄養講座」。第5回は「中学生年代の食の問題点とその対策 ~スポーツと五大栄養素~」をテーマにお送りする。

 

※Z世代とは、欧米で10~20歳を指す言葉として使われている。すぽとりでは「成長世代」と同義と捉えて使用する。

動画「すぽとりChannel」

 

成長が本格的に始まる中学生年代

中学生になると、身長・体重の発育・発達が起こり始めると同時に、内臓が大きくなっていくのに伴って消化・吸収能力も高まってきます。そして、最も特徴的なのが、免疫力が成人の約2倍高まるということです。

ですから、中学生年代では、体を大きくするための栄養のとり方はもちろん、免疫力を高めるための栄養のとり方も重要になってきます。

また、中学生、その後の高校生というのは、一生のうちで最もエネルギーをとらなければならない時期になります。エネルギーを獲得するために、どのような栄養のとり方をするかを考えていく必要があります。

スポーツと5大栄養素の関係

みなさんもご存知かと思いますが、毎日の生活の中で、食事から「たんぱく質」「脂質」「炭水化物」「ビタミン」「ミネラル」の5大栄養素をとらなければいけないといわれています。では、これらがスポーツをする時にどのように体内で働くのかを説明していきます。

炭水化物と脂質はエネルギー源になります。日常生活での必要エネルギーは一般的に、炭水化物と脂質を半分ずつ使用しているといわれていますが、スポーツをする場合、運動強度や量が増えていくので、より多くの炭水化物が必要になってきます(持久系スポーツは脂質の必要量も増加)。

体に貯蔵されている体脂肪をエネルギーとして利用する脂質に対し、炭水化物は食事からその都度体内に入れてあげないとすぐに不足してしまいます。炭水化物は脳のエネルギー源としても使われます。とる量が十分でないと、スポーツをするうえでの「判断力」「集中力」が失われかねません。スポーツをする前には、「炭水化物をしっかりとる(体に入れておく)こと」を心がけておくと良いですね。

筋肉、骨、血液、爪など体の材料となるのが、たんぱく質です。たんぱく質が不足すると、スポーツ選手としての体作りができなくなってしまいます。もう一つ、たんぱく質には免疫力を上げるという大きな役割があります。ウイルスや病原菌が体に入ってくると、体内では防衛機能を果たす抗体が作られます。この材料になるのがたんぱく質です。

炭水化物、脂質、たんぱく質が体の材料になるものなら、材料を使ってエネルギーや身体に作り変える役割を果たすのが、ビタミンとミネラルになります。いくら炭水化物、脂質、たんぱく質をしっかりとっていても、ビタミン、ミネラルがなければエネルギーや身体への作り変えができなくなるので、忘れず一緒にとる必要があります。ミネラルの中には骨の材料となるカルシウム、マグネシウム、血液の材料になる鉄と、スポーツ選手の体作りには不可欠なものも含まれています。

このように、5つの栄養素を必ず摂取しなければ、スポーツ選手の体作りができませんし、中学生で起こるべきさまざまな発育・発達に支障をきたす可能性があります。

5つの栄養素の関係はチームスポーツと似ています。一人だけ上手な人がいても、周囲が協調しなければ結果を出すことができません。栄養素も同様に、一つ一つがそれぞれ役割をもっていて、うまく機能することで、体を健康に保ったり、強くしたりすることができるのです。

中学生、高校生は、5つの栄養素をバランス良くとらなければなりません。そのためには前回ご提案したように、「毎食、虹色の食材をそろえる」ことをしていただければと思います。

小学生のうちから虹色の食事を心がけていれば、最もエネルギーが必要なこの時期にバランス良く、たくさん食べることができるようになっているはずです。

サプリメントなどに頼らず、消化・吸収能力を高めたい

中学生年代の食事で注意したいのは、サプリメントや加工食品の摂取です。今、スポーツをしている人に向けて多くのサプリメントや加工食品が発売されており、いずれも消化・吸収の良い状態で栄養素が摂取できるように作られています。

成長期が過ぎた成人が使用するのは良いと思いますが、成長が著しい中学生の時から慣れてしまうと、内臓の消化・吸収能力を高めるせっかくの機会を失うことになりかねません。食べ物を咀嚼し、胃で消化することこそが能力を高めることにつながりますので、サプリなどの摂取はなるべく控えた方が良いですね。

また、サプリなどの摂取で食事量が減ってしまう可能性も出てきます。これらはタブレットや粉末など、小さくても栄養素が凝縮された形状になっています。これに慣れてしまうと、摂取量が少なくても栄養は十分と脳が勘違いする(食べた気になる)ため、食欲を止めてしまいます。「サプリなどでお腹一杯になり、食事が食べられない」ということも起こりえます。これでは、たくさんエネルギーが必要な時期に食事量が減ってしまい、身体、内臓の成長が小さくなりますし、先ほどの消化・吸収能力にもかかわってきます。

サプリなどは手軽で便利なので使いたいと思っている人も多いことでしょう。しかし、身体の成長も内臓の成長もこの時期しかありません。せっかくの機会を失わないためにも、使いたい気持ちをグッとこらえて、食事から栄養をとる生活を心がけていきましょう。

<次回に続く>

次回は、スポーツを頑張る高校生年代が抱える問題点についてお送りします。お楽しみに!!

小学生年代の食の問題点を解決するために ~にじ色をそろえよう!~【Z世代におくるスポーツ栄養講座 #04】

神戸女子大学・坂元美子先生による「Z世代におくるスポーツ栄養講座」。第4回は「小学生年代の食の問題点を解決するために ~にじ色をそろえよう!~」をテーマにお送りする。

バランスの良い食生活を崩してしまう小学生年代特有の「こ」食問題。毎日の生活の中で自然とバランス良く食材がとれるようになるのが解決の糸口になってくる。坂元先生は、7つの色(虹色)と食材を組み合わせて覚え、小学生のうちから食への意識を高める必要性を訴えている。

※Z世代とは、欧米で10~20歳を指す言葉として使われている。すぽとりでは「成長世代」と同義と捉えて使用する。

動画「すぽとりChannel」

「こ」食の解決=食のバランス

前回、小学生年代の食の問題点として「こ食」を取り上げましたが、これはバラン良く栄養がとれなくなることを意味しています。ですから、「どのようにしてバランスのいい食事をとるか」がこの問題を解決するポイントになってきます。

一言で「バランス」と言ってもなかなか難しいですよね。「そもそもバランスのいい食事って何?」と思う方もいるかもしれません。

そこで、私からの提案です。朝・昼・晩で毎食、7つの色の食材を意識してそろえていただきたいと思います。7つの色とは、赤、だいだい、黄、緑、青、藍、紫で、「虹」の色を表現しています。

小学生のうちから毎食、「虹色の食事」を意識していただければ、みなさんのスポーツ選手としての未来も虹色に輝いてきますよという、私からのメッセージでもあります。

虹色の食材を一つずつ解説

まず、「赤」は、牛・豚・鶏の肉類と卵。多く含まれる栄養素は、タンパク質、ビタミン、ミネラルになります。肉や卵はいろいろな調理法がありますので、朝食からしっかりそろえるようにしたいですね。

次に、「だいだい」は、魚介類、豆腐・納豆など大豆製品で、多く含まれる栄養素は、タンパク質、ビタミン、ミネラルです。

「黄」は「主食」といわれている物で、ごはん、パン、麺類、餅などが挙げられます。多く含まれる栄養素は、炭水化物(糖質)です。

「緑」は、色が濃い緑黄色野菜といわれる物です。いも類、海藻類もこのグループになります。ほうれんそう・ブロッコリー・にんじん、わかめ・ひじき・こんぶ、さつまいも・じゃがいも・やまいもなど、ビタミン、ミネラル、食物繊維が多く含まれています。

「青」は、淡色野菜といわれる色の薄い物になります。だいこん、きゅうり、なす、ごぼう、たけのこ、なす、レタスとたくさんあります。きゅうりやなすは一見、緑黄色野菜と思われがちですが、皮をむくと白っぽいので、「青」になります。多く含まれる栄養素は、ビタミン、ミネラル、食物繊維です。

ここで、「緑」と「青」の野菜を比較してみましょう。どちらも多く含まれる栄養素は同じですが、実は「緑」の方がより豊富に含まれています。

スポーツ選手に「野菜をちゃんと食べていますか?」と聞くと、「サラダやキャベツの千切りをいっぱい食べています」と、返ってくることがあります。これらは淡色野菜の「青」で、もちろん栄養素はとれるのですが、意識してとりたいのは緑黄色野菜の「緑」の方です。

また、「緑(海藻類:わかめ・ひじき・こんぶなど)」は、特にミネラルが豊富に含まれていますので、体の成長、スポーツ選手になるための体作りを考えて、毎食積極的にとっていきたいところです。

「藍」は、牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品を表しています。タンパク質、ミネラルが多く含まれ、特にカルシウムが豊富です。「緑」でもカルシウムをとることができますが、吸収率が低めという欠点もあります。一方、「藍」は「緑」よりも2倍の吸収率があるといわれているので、カルシウムを効率的にとるなら「藍」の方が良いでしょう。

「藍(牛乳、チーズ、ヨーグルトなど)」をとる上での注意点は食物アレルギーです。もし、乳アレルギーがある場合、「緑(海藻類)」、「だいだい(大豆製品、骨ごと食べられる小魚)」などで代替して、毎食しっかりとれるように心がけましょう。

「紫」は果物全般になります。特におススメしたいのがすっぱい物で、これらはさまざまな栄養素の吸収を良くするクエン酸が含まれています。食後のデザートにすっぱい果物を食べることで、食事でとった栄養素を体内に取り込みやすくしてくれます。成長に必要なビタミンCもより多く含まれています。

また、果物には糖質が多く含まれているので、成長に必要なエネルギー源を「黄(炭水化物)」とともにとっていただければと思います。

このように、7つの色の食材を毎食とっていれば、自然にバランス良く栄養素をとれるようになっていきます。

不足した色を自分でそろえられるように…

小学生が栄養素の名前を覚えようとすると難しいと思いますので、まずは7つの色とどんな食材があるかを覚えると良いでしょう。

それができたら、次は普段の食事で「これは何色の食材」と一つ一つ確認をしながら食事をとってみましょう。

最終的には、毎回の食事で足りない色があれば、自分で冷蔵庫を開けて用意する。このくらいまでできるようになるのが理想です。

この段階までくれば、無意識にバランスの良い食事がとれるようになっていますし、身長・体重、内臓(消化・吸収能力)などの成長が顕著で、最も栄養が必要な中学生、高校生の時期に「たくさん」食べられるようにもなっているはずです。

「たくさん食べる」という点から注意が一つあります。前回お話しした「濃食(味が濃い物を食べる)」には気をつけていただきたいですね。

特に化学調味料がたくさん使われている物は、少し食べただけで脳が満腹感を覚えてしまい、たくさん食べたと勘違いしてしまいます。小さい頃からこれに慣れてしまうと、本来必要な量をとることができず、成長に悪影響が出てくる可能性もあります。

ですから、小学生のうちはできる限り、自然な食品・食材そのものの味をおいしいと感じるような食生活を送ることが必要になってきます。

<次回へ続く>

第5回は「中学生年代の食の問題点とその改善 ~スポーツと五大栄養素~」をテーマにお送りします。