チェルシーFCがサプリ事業に参画、スポーツニュートリション分野で革新的挑戦

イングランド・プレミアリーグ(サッカー)に所属するチェルシーFCが、「Blue Fuel(ブルーフューエル)」ブランドでサプリメント事業に参画することになった。

同ブランドは、チェルシーFCから事業独立したChelsea Digital Ventures (CDV)社で展開されており、プロテインパウダーやプロテインバー、エナジーグミなどアンチ・ドーピング対応の製品ラインアップとなっている。これらの製品は、同クラブ専属ニュートリショニストやコーチ、プレーヤー自身から提供された専門知識や情報などを反映して設計された。

CDV社は「Blue Fuel」の事業展開について、毎月60ユーロ(約7200円)でアプリを活用してのパーソナライズサプリメントサービスの提供を進めており、「Blue Fuelブランドを皮切りに、今後より幅広く健康・スポーツ・ニュートリションをカバーした革新的な事業に挑戦していく」としている。

<チェルシーFC> 本拠地はロンドン。1905年創設。2003年、実業家のロマン・アブラモヴィッチ氏がチームを買収すると、豊富な資金力を背景にチームを強化。欧州チャンピオン1回、リーグ優勝5回とプレミアリーグを代表する強豪に生まれ変わった。2019年度の資産価値は約2730億円を計上。プロスポーツチーム全体で32位、サッカー部門では6位となっている(①レアル・マドリード:スペイン、②バルセロナ:スペイン、③マンチェスター・ユナイテッド:イングランド、④バイエルン・ミュンヘン:ドイツ、⑤マンチェスター・シティ:イングランド)。 ソース:フォーブス

<ニュース分析>

もともと、スポーツとサプリメントは相性のいい関係にあり、プロスポーツチームがサプリ事業に参入する話があっても驚かない。

プロスポーツチームは多くのファンで成り立っており、ビジネスに置き換えれば、ファン→消費者につながる土壌をすでに持っているからだ。加えて、選手の体感、ニュートリショニストの知識、トレーナーの経験など、現場レベルで商品開発に必要な生の情報が手に入る強みもある。アンチ・ドーピング対策への意識も高い。結果、クォリティ、ニーズともに高い商品が生まれる。

これまでは、サプリ・食品メーカーとスポーツチームがコラボして商品開発のようなことが多数行われてきたが、チェルシーのサプリ事業参入は全く新しい試みになる。「自ら利益を生み出す」という攻めの発想は非常に面白い。

翻って、これが日本で可能かといえばかなり難しい。世界に名だたるビッグクラブで資金的に余裕があるからできるといわれればそれまでだが、企業スポンサーの“援助”で成り立っている日本の事業体ではこの発想は生まれにくいだろう。

とはいえ、日本にも先進的な考えをもっているプロチーム(DeNA、楽天など)もある。スポーツ事業の多角化の中で、ぜひともニュートリション分野への参入を果たしてほしい。そうすれば、スポーツニュートリション市場の活性化が図られ、ニュートリショニストの価値が上がり、職域も広がってくるはずだ。

今回はサプリが切り口ではあるが、結局はスポーツビジネスにつながってくる話でもある。スポーツには、選手たちがキラキラ輝いて見える表側と、ビジネスをめぐる裏側の部分がある。双方の視点からスポーツ界を捉えると、いろいろなことがわかってくる。